• 国内で製造される低用量ピルと乳癌の関係

    2016年6月21日

    女性が主体的に避妊にコミットすることができる医薬品としてピルがあり、我が国では解禁される時期が諸外国とくらべて遅かったという事情も手伝って、避妊方法全体に占める普及率はそれほど高くはありませんが、年々割合としては増えているといったところです。 この避妊用ピルについては、かつて製造されていたものは中...

    記事の続きを読む