• 低用量ピルで自律神経失調症の改善

    2016年5月10日

    低用量ピルとは、二つの女性ホルモンが含まれている薬で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に働き、排卵を制御して、子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘液を変化させて精子を子宮に入り難くして、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えるという機能を持ちます。 低用量ピルを使うことによっ...

    記事の続きを読む