• 避妊で比重を占めている低用量ピルとIUD

    2015年12月15日

    今までの避妊方法は、男性の性に頼る比重が大きかったですが、最近では女性主体でできる避妊方法もあります。女性主体の避妊方法で比重を占めているのは低用量ピルとIUDです。 低用量ピルは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。この女性ホルモンの働きにより、排卵を抑え妊娠を防ぎます...

    記事の続きを読む