• 低用量ピルと子宮頸がんのリスク

    2015年10月31日

    日本人が避妊をする手段としてもっとも多いのは、大規模な社会調査の結果などからもコンドームを使用する方法ということがわかっていますが、いっぽうで装着をするときに表裏をまちがえてしまったり、取扱いが雑なために見えないような傷がついて破損してしまったりといった失敗がつきもので、こうした失敗が影響して、避妊...

    記事の続きを読む