低用量ピルと乳がんの関連性

内科で低用量ピルは貰えるの?マドンナとはどんな薬か

女性のための経口避妊薬である低用量ピルは、女性のみに使用されることから主に婦人科や産婦人科で処方が行われています。時には、ニキビ治療のために皮膚科などでも取り扱っている病院もありますが、低用量ピルを購入したいと思った場合は婦人科の方が確実です。
では、この低用量ピルは内科では処方してもらえるのでしょうか。答えは、多くの内科では取り扱っていないです。
内科と婦人科を併設しているような病院では取り扱っていたりもしますが、内科のみの病院ではほぼ取り扱っていないと考えた方が良いでしょう。
医師であれば、診療科目に関係無く薬を処方することは出来るので、ピルの処方箋をもらうことは理論上可能ですが、調剤薬局でもピルは取り扱っていない所が多く、婦人科に併設された調剤薬局などでなければもらう事が出来ない事が多いです。
ピルの一種にマドンナという種類があります。このマドンナはピルではありますが、低用量ピルではなく、モーニングアフターピルとよばれる、性行為後に飲むことで避妊効果を発揮する薬です。
マドンナは、避妊に失敗した性行為後72時間以内に1回目の薬を1錠服用し、さらに12時間後にもう1錠服用することで高い避妊効果を現します。あくまで他の避妊法を取った上で、失敗した場合にのみ使うというのがモーニングアフターピルの前提ですが、女性にとって妊娠はとても重大な出来事ですので望まない妊娠を防ぐことができるのはとてもありがたいことです。
マドンナは薬の個人輸入代行サイトなどから購入できます。事後の服用にはタイムリミットもありますし、連休中など婦人科が閉まっている時だと間に合わ無くなってしまうこともあるので、万が一の時に備えて、あらかじめ購入して家にストックを置いておくと安心ですね。