低用量ピルと乳がんの関連性

低用量ピルは長期服用、中容量短期服用は緊急避妊

近年、我が国においても、諸外国に遅ればせながら、ようやく低用量ピルが解禁となり、より女性たちが安心してピルを服用できるようになりました。ピルには、素晴らしい効能が秘められており、女性の日常生活を快適に、そして安心して過ごせるようにしてくれるので、日本の女性も、もっと海外の女性たちのように、ピルを積極的に取り入れるべきではないでしょうか。今、クリニックで処方されているピルは、主に低用量ピルになり、避妊目的だけではなく、毎月の生理期間を楽に過ごせるようにする目的で服用を希望する女性も多く、生理に伴う様々な問題解決にも使用されています。低用量ピルを服用するようになると、生理周期がぴったりと安定するようになり、生理不順を治せます。いつ生理が始まるのかわからないという状態では、予定も組み立てにくく、旅行などとドッキングしてしまうと本当に残念なものですが、低用量ピルを飲めば生理を自分でコントロールできるので、女性の生活の質は格段に向上するでしょう。低用量ピルは主に長期服用を目的としており、副作用もほとんどなく安心して服用できます。一方、緊急避妊薬として処方されるピルは、中容量短期服用型で、別名アフターピルと呼ばれており、避妊に失敗した時にすぐに服用します。中容量短期服用型ピルは、低用量に比べると吐き気や頭痛など副作用も強く現れてしまうことも多く、身体には負担が大きいものです。中容量短期服用後出血が見られれば、避妊が成功したと考えられます。しかし、このアフターピルを処方しているクリニックは限られているようなので、急を要する薬であるため、万が一に備えて、インターネットの通販サイトで常備薬として用意している女性も少なくはないようです。