低用量ピルと乳がんの関連性

低用量ピルで自律神経失調症の改善

低用量ピルとは、二つの女性ホルモンが含まれている薬で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に働き、排卵を制御して、子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘液を変化させて精子を子宮に入り難くして、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えるという機能を持ちます。
低用量ピルを使うことによって、避妊方法の中で確実かつ安全に避妊することを防ぎ、月経周期を規則正しく28日周期に整える効果があり月経不順の治療や月経困難症の症状を軽減させる、子宮内膜症を治療させる、子宮に関する疾患の発症頻度を低下させることを期待することができ、女性ホルモンによってニキビの改善などの効果があるとされています。
メリットが多いと思われがちな低用量ピルですが、薬である以上副作用もあります。体質によっては、吐き気やむかつき、頭痛などの妊娠時のつわりに似た症状や、むくみや乳房の痛み、睡眠リズムの不調など自律神経失調症に近い症状も現れてしまいます。しかし、この自律神経失調症に似た症状は実際に自律神経が引き起こしているのではないのです。
むしろ低用量ピルには自律神経失調症を改善する効果があるといわれています。交感神経と副交感神経のバランスは女性ホルモンの影響を強く受けているため、ピルを飲むことで女性ホルモンが安定することによって自律神経が整い、自律神経失調症の症状が軽減するとされています。
副作用もありますが、低用量ピルにはさまざまなメリットがあります。副作用などが起こってしまった場合には医師とよく相談して薬の種類を変えることによって改善することも多いのです。避妊を確実にしたい、生理痛を軽減させたいときなどに医師と相談して上手く活用していくことをおすすめします。